アプライドテクニカル

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール

Window10で高解像度画面をを使いこなす!

最近はノートパソコンでも高解像度ディスプレイ搭載モデルが増えてきています。

高解像度パソコンは写真などの表現がきれいになるのですが、

初期設定のまま使うと、下の画像のようにアイコンや文字が小さくなりすぎる欠点があります。

 

デスクトップ画面のアイコンやタスクバーが小さすぎる、、

 

 

設定画面の文字も小さすぎて読みづらい、、

 

 

今回はそんな高解像度パソコンでも、

アイコンや文字を大きく表示して使いやすくする方法を紹介します!

 

「スタートアイコン」をクリックして「設定」をクリックします

 

「簡単操作」をクリックします

 

「文字を大きくする」の下にあるスライドを右にスライドさせて

サイズを調節し「適用」をクリックします。

 

すると、このように文字を大きくすることができます!

 

 

これで設定画面の文字も大きくなり使いやすくなりました。

しかし残念ながら、ソフトによってはこの設定が反映されないものもあります。

例えばitunesは、文字の大きさを変更しても下の画像のように小さく表示されて使いづらいままです。

 

 

 

こんなときは、先程の設定画面の「簡単操作」の中にある「全体を大きくする」の設定を調整しましょう。

「全体を大きくする」をクリックすると、下記画像のように画面全体の表示するサイズを、

100%、125%、150%、175%の中から選択して調整することができます。

 

 

今回は分かりやすいように150%を選択しました。

itunesをもう一度開いてみましょう。

 

すると。。。

 

このように文字サイズも大きく表示されて使いやすくなりました!!

 

「設定」→「簡単設定」の中にある「文字の大きくする」と「全体を大きくする」を使いこなして

高解像度パソコンを自分の使いやすいようにカスタマイズしましょう。

Page
Top