アプライドテクニカル

0120-881-019

受付時間 10:30~19:30(最終受付19:00) ※元日のぞく

電話リモートサポートツール

ディスククリーンアップを使用して古いWindowsのデータを消す手順

最近お預かりするパソコンにでSDを利用している方が増えています。
メンテナンス中に気になるのが空き容量の少ないことです。

 

 

空き容量が極端に少なるとアップデートができなくなったり、動作が遅くなったりする原因にもなります。

 

 

( `ー´)ノ大事なデータは消すわけにもいかない…でもどうにかして空き容量を増やしたい。

 

 

そういう時に利用するのがディスククリーンアップです。

 

 

 

Windows10の大型アップデートがうまくいかなかったときの為にとってあるバックアップがあるのですが

現状問題なく動いているなら不要なファイルになります。(不安があるならお勧めしない操作になります)    

 

なので消したいと思います。

 

デスクトップ左下の検索ボックスに”ディスク クリーンアップ”と入力して

右上に出てきたアイコンをクリックします。

 

 

 

 

”システム ファイルのクリーンアップ(S)”をクリックしてしばし待ちます。

 

ディスククリーンアップにWindowsUpdateのクリーンアップの項目に☑チェックを入れてOKを押すとクリーンアップが開始されます。

 

 

 

 

これでクリーンアップ完了で容量が増える…はずが最近のアップデートでは消えないこともあります。

 

 

 

その場合は”設定”から”システム”を開き、”記憶域”を表示させると”一時ファイル”の項目をクリックすると

 

 

 

”Windows Updateのクリーンアップ”をチェックを入れて”ファイルの削除”をクリックでクリーンアップ完了です。

 

 

最後に繰り返しますが、今回ご紹介した操作はWindows Updateのバックアップを消します。

空き容量が増えるメリットもありますが以前の”Windowsに戻す”という回復作業ができなくなるデメリットもあります。

もしパソコンの動作に不安があるならクリーンアップを行う前にお近くのアプライド各店へご相談下さい。

Page
Top